学習障害の子をもつ母の日記

4児の母です。一番上の長男(小5・書字障害)の子育て体験談です。長女・小3、次女・小1、次男・2歳。

自分のことは、名前で言う?「わたし」「ぼく」??

子どもは、自分のことを何といってますか?

子どもは、自分のことを何と言ってるでしょうか・・・?

いつごろ、呼び名が変わってきたでしょうか・・・?

 

  1. 私、俺、僕、自分
  2. 名前で言う(例:はなこ)
  3. ”ちゃん”づけで言う(例:はなこちゃん)

 

これ、心の幼さのバロメーターでもあるような気がするのです。

 

長男は、1年前の4年生まで「タロウ(仮)はね・・・」と、2の「名前で言う」から抜け出せませんでした。

2から1になったのは、4年生の最後のあたり。ここで、何か精神的に大きくなった気がします。

 

「『”ちゃん”をつけちゃいけない』って言われたの」

次女が2才の頃、こじんまりした私設保育園にかよっていた時期があります。

そこの”じいじ”が、徹底的にしつけてくださったことがこれ。

 

『”ちゃん”をつけちゃいけない』

 

それがとっても面白くって、こんな会話をしてました。

 

母 「あなたの名前は?」

次女「はなこ(仮)。」

母 「どうして?」

次女「じいじが”ちゃん”つけちゃいけないって言ったから。

   ”ワタシ”っていうの!」

 

幼い子は、自分は、”ちゃん”づけで呼ばれているから、”ちゃん”をつけてしまいがち。

そこを、自分のことは”ちゃん”と言わないんだよ、としつけてくださったのです。

 

しつけても、本人が変わろうとしないと変わらない

次女の場合、すんなり”じいじ”の言うことを受け入れて、呼称が変わってゆきました。

 

でも、長男の場合、小1の頃から呼称を変えることを伝えてましたが、なかなか変わりませんでした。

そのうち、、、。

母、途中から諦め、何も言わなくなってました。(ってか、日常の忙殺されて、忘れてた)

 

忘れててよかったんだと思います。

心がそこまで成長していないのに、精神的に大きくなってないのに、ずっーと、母からグジグジ言われるのも、嫌なものですから。

 


そこで、母、学習したこと。

 

どんなに親が変えようとしても、子どもの成長のタイミングがずれてれば、変えられない

 

次女は、たまたま成長と忠告のタイミングが合っただけ。

長男は、タイミングがずれてただけ。

 

子どもは、いつか大きくなるもの。いつまでも、子どもではないし。

その成長は、子どもそれぞれが持っているものに委ねるしかないのかな、と思ったのでした。

 

f:id:misnowsnow:20170715002702j:plain

成長には、凹凸がいっぱい!

「褒めて伸ばす」信仰に、モノ申す!

アドラー心理学に、はまってました!

1年前、遅ればせながら、ベストセラー「嫌われる勇気」「幸せになる勇気」(岸見一郎、古賀史健・著)を読みました。

 

今でも時間があるときに手にしているのですが、一番、目からうろこだったのが、

「叱ってはいけない、褒めてもいけない」

という一文でした。

 

これ、思い当たる節があったのです。

 

 

「褒めて伸ばす」は、すべてにあてはまらない

よく、いろんな方から「子どもをほめて伸ばしてやってください」と言われるのですが、褒めても、褒められることが目的になって行動していることがあるのです。

 

特に、長女(小3)と次女(小1)。

この2人は、相手を見ながら、行動することが多い。

 

私が見ているときに

褒められるようなことをし、

それ以上はしない。

 

例えば、こんな感じ。

・私がいないときに

・お部屋を片付けしたり、

・さらに弟がぐちゃぐちゃにした絵本を片付けるなんてしない。

 

んーー、、。。

例が悪かったかな、、、。

 

親から褒められるために、褒められること以上のことはしないのです。

つまり。

見てなかったら、やらない、

褒められなくなったら、そもそもやらないのです。

 

適度に褒めるがいいのかな・・・

でも、褒められると、やる気につながっているのも確か。

 

ほどほどに褒めるのがいいのかな、とあれこれ考えながら、今日も褒めたり、感謝したり、共感したり、の日々です。

 

 

f:id:misnowsnow:20170714204641j:plain

「幸せになる勇気」の方は、カバーがなくなり、次男の落書きだらけ!

「学ぶ」というアプローチが違う、長男と長女

「学ぶ」意味が違う、長男と長女

長男(小5)と長女(小3)は、兄弟とはいえ、タイプがまったく違います。

例えれば、のび太(長男)と、ドラミ(長女)みたいな感じ。

 

でも、もう一つ違うことが。

それはこれ。

 

・自主的に進んで調べたり・学ぼうとする(長男)

・学校以上のことはしない(長女)

 

ここの違いは、とても大きいと思うのです。

 

 

学ぶことが、「目的」か、「手段」か

長男の場合、学ぶ目的が手段になっていることがあります。

例えば、こんなかんじ。 

 

<長男の場合>

プログラミング「スクラッチ」をもっと極めたい

 ↓

極めてゆくと、英語が必要になってくる

 ↓

英語を学ぶ

 

 

ところが、長女は、こうです。逆。

 

<長女の場合>

学校の勉強を学ぶ

 ↓

視野が広がって、興味がわくことがでてくる

 ↓

極めたいものが見つかる??

 

 

学ぶことが目的の子は、教えられたこと以上はしない・・・?

ほとんどの子どもは、後者なような気がします。

「好きなことが見つからない」「勉強をしない」という子は、後者タイプなのではないでしょうか。

 

 

そういう私も、後者タイプでした。

「学ぶ」ことが目的になっていました。その先にあるものを想像していませんでした。だから、テスト勉強はするけど、それ以外のことはしない。

 

でも、中学時代、英語だけは、真剣に頑張りました。

理由は、トム・クルーズにファンレターを送りたい」から。

中1くらいだったかな、中学で一番難しいと言われる、関係代名詞を使って「Dear Tom」とかいう書き出しで、筆記体で書いた記憶があります。トムのためなら、何でも必死(笑) 教科書で教えてもらう順番なんて関係なく、まるっと学ぼうとするわけです。

ありがとう、トム(遠い目)

 

 

・・・脱線しました。。

 

何がいいたいのかというと、

「学ぶ」だけが目的の人は、教えてもらうこと以上はしようとしないんじゃないかと思うのです。(”学ぶ喜び”を感じていれば別かもしれませんが)

 

 

好奇心は、大事・・・かも!!

一方。

前者タイプの子は、学ぶモチベーションが違うような気がします。好奇心が先に立つからです。

好奇心ほど、人間を成長させるものはないと思います。

どんなに地頭がよくても、どんなに才能があっても、すべての物事は「自分から知りたいと思うこと」が大事なんじゃないかと思うんです。好奇心。

 

 

学問だって、もとの原点はここだったはず。

 

宇宙の先には何があるのか、とか

私たちの体は何でできてるのか、とか、

どうやったら相手にわかりやすく文を書いたらいいのか、とか。

 

何かを知りたいために、何かの勉強をする。

教育カリキュラムは、そこを短い道のりで行けるよう、よく練られているなぁと思うのです。

書けないなら、写真で賞をとろう!

学校の枠外での、賞をねらえ!

小学校時代、一度は何か表彰される・選ばれる、ってことがあったと思います。

 

長男の同級生には、ピアノが全国一の天才少年がいますが、学校では、毎回、ピアノ伴奏をしているわけではありません。時に、その席をゆずって、他の子が伴奏していることもあります。

 

天才少年が演奏すれば、もちろん、すごく合唱自体の出来が違います。でも、ここは教育現場、いつも同じ子が演奏するわけでなく、他の子にもチャンスがあるわけです。

 

 

でも、、、そうした学校生活でも、長男は、選ばれることはないです。

なぜなら・・・

 

・文字がかけない(自由研究、書道系却下)

・不器用だからピアノもできない。歌も下手(音楽系却下)

・運動(特に粗大運動)も苦手(スポーツ系却下)

 

つまり・・・ないのです。

な~い!

 

このまま、小学校を卒業してしまうことになるのか?!

 

 

 

母、考えました。

 

だったら、学校の外で探せばいい!

 

 

母、考えました。

だったら、写真だ!

 

書かなくてもいいから。

 

 

撮った写真を投稿してみよう

幸い、望遠鏡に興味がある時期で、自宅からカメラで、望遠鏡で月の写真をいっぱい撮影していました。自転で月は動くし、専属のカメラ機械もないので、接眼レンズにカメラをつけて撮影する方式(笑)

f:id:misnowsnow:20170709121416j:plain

 

こんな撮影なので、手振れだらけ、失敗だらけなので、何百枚もありました。

 

その中には、満月の中に電線が入ってしまった変わった写真、天体写真家さんだと失敗写真になるものがありました。

「おもしろい~」と長男、お気に入りだったのです。

 

「せっかくだから、このおもしろい写真を何かに投稿してみない?」と長男に提案してみました。

 

探して見つけた投稿先が、雑誌『子供の科学

 

ここの「読者の写真コーナー」に、長男、ためしに投稿してみました。

雑誌の投稿も、最近では、ネットで応募できます。長男自ら、パソコンから、投稿しました。

パソコンは、得意。書く作業がないので、得意なのです。ここもポイントでした!紙での投稿だったら、苦戦していたはずです。

 

 

びっくり!写真が入賞した!

1か月半後。

なんと、その写真が入賞したのです。雑誌に掲載されていました。

 

長男、大喜び!

しかも、天文に詳しい方がいうには、「『子供の科学』は、なかなか掲載されるのは難しい」のだとか。

 

この時期は、小2の長女がいろんな賞をもらってくる時期と重なっていたこともあり、「自分もできるんだ」と相当な自信になりました。

 

 

こうした一つひとつの積み重ねが、自信と成長につながってゆくのだな、としみじみ思った出来事なのでした。

 

 

採用されなくても、「投稿する前向きな気持ち」を尊重したい

投稿しても、結果が思うようにいかないこともあります。

初めての投稿に、たまたま結果が出ただけで、「投稿する前向きな気持ち」が大事かと思っています。

 

だって、選者も人間。

それぞれの主観で選ぶものだから、本人が「いいな」と思うものでも、選ばれないことだってあります。

 

とにかく、前向きな気持ちを褒め、結果に期待しないこと、肝に銘じておきたいと思います。

 

 

 

世の中の書字障害をもつお母様方、「写真」はおすすめです! 

 

f:id:misnowsnow:20170709115204j:plain

望遠鏡で撮影すると、いろいろ反転します。画像を加工して投稿するパソコン操作も、勉強のひとつ!

2歳児・次男は、「遅れ」のボーダーライン。

先日の、発達結果は「遅れ」のボーダーライン

言葉の発達が遅い次男(2歳4か月)。

今、しゃべっている言葉は、これ

 

  • カンカン(電車&踏切)
  • パンパン(アンパンマン
  • ゴードン(トーマスのキャラすべて)
  • オーバーケーダー(おばけ)
  • バーバ(バイバイ)

 

・・・半月経って、3語増えて5語になりました(笑)

 

それはさておき、前回、発達相談を受け、テストを受けてきました。

 

受けたのは、「新版K式発達検査」

 

積み木で遊んだり、カードを見たり、運動面など、総合的な発達の具合を見ていただきました。

 

結果は、、、、

 

 

 

遅れのボーダーラインにいる、とのことでした。

やっぱり!わかってたよ(笑)

 

 

 

以下、その結果です。

診断いただいた心理士の先生は、長男の担当の方でもあったし、私も二度目。

話がすいすい進みました。

 

1 視覚的認知が強い

裏をかえせば、言語的認知が弱い

言葉で伝えるより、目で見せて伝える方が、伝わりやすいのだとか。たとえば、実演、絵、ジェスチャー等すると、伝わりやすいそう。

 

※長男がルービックキューブが得意なのも、視覚的認知が強いからだそう。やっぱり、LD系の子には、ルービックキューブがおすすめ!

 

2 コミュニケーションが弱い

社会的共感が弱い

言葉を発することで通じるメリットを、まだ本人が感じていない。

暗黙のルールも察しづらい。本来なら自然に学ぶべきコミュニケーションを、自然に学ぶのが難しい。

今後、経験でカバーしながらゆっくり学んでゆくと思われる。

 

3 初めての場所が苦手

初めての場所で起こるであろうことの想像、見通しが弱い。

想像力の弱さが原因

だから、初めての場所に行くと、不安になる。

 

4 人より物に興味がある

定型の子は、はじめての言葉は、だいたい「パパ」「ママ」など、人。

でも、次男の場合、最初の言葉は「カンカン」「パンパン」。まだ「パパ」「ママ」と言わない。これは、物に興味があるため。

 

 

家庭での対応

・コミュニケーションのやりとりを増やす

絵本を指さししてきたら、たまに違うことを言ってみる。目線を合わせてくるので、目線を合わせる機会を増やす。

 

・言葉は、1語か2語で伝える

わかりやすく簡潔に。

 

・目線を増やす

要求されても、目線を合わせたときにだけ反応する。

 

 

今後、週1回、療育に通うことも?!

こうした話に加えて、「もしかしたら、療育に通うこともある」というお話もいただきました。

早期で対応をして、早期に親も心構えをしておけば、将来的にも楽になるはずです。

今回、テストをしてよかった、ありがたい話だな、と思いました。

 

 

検査結果についてですが。

長男のときは、「なんでこうなんだろう?」と思うだけで終わっていたのですが、次男のおかげで、根本の原因がみえた気がします。

脳機能の使い方がちょっと違うだけで、こんな風にいろんな箇所で影響がでるのだなぁ、と日々、勉強です。

 

 

f:id:misnowsnow:20170709111743j:plain

こうしてひたすら一人で遊び続けるのも、長男にそっくり(笑)

忘れ物、自分で学校へ取りに行く

学校からの忘れ物。1位 水筒、2位 筆箱・・・

5年生の今でこそ、落ち着いていますが、4年生までは、本当に学校での忘れ物が多かったです。

学校で忘れ物をするのです。

 

 

母が印象にのこった忘れ物ベスト6>

6位 エプロン&ふきん

新品のをもたせたはずが、カビが生えて帰ってきました(遠い目)。

 

5位 お手紙・プリント

個人面談の日程など、ずーっとわからないことも。

そもそも、プリントが配られてないことも知らず、母自ら学校へ行って、机の中をガサ入れして知ることも(セーフ!)。わざわざ学校へ足を運ぶ甲斐があったものです(遠い目)。

 

4位 見学旅行等のしおり

前日夕方にしおりを忘れたことが発覚!

持ち物が何かわからず、夜19時に学校へ取りに一人で行かせました。

ちょうど、教務主任の先生が学校に鍵をかけてるところ。担任の先生は、すでに帰宅されてました。主任の先生がご自身のプリントを職員室でコピーしてくださいました。

ちょっとした職員室の有名人になっていることでしょう(遠い目)。

 

3位 宿題(プリント、漢字ノート)

しょっちゅう忘れる・・・。

宿題ができない。。

 

2位 筆箱

筆箱そのものと思いがちですが、「箱の中身」も含んでます。

筆箱だけは帰ってきてても、中身が空っぽなことがしばしば。だまされてはいけません。

どうやら、鉛筆や、消しゴムたちは、机や防災ずきんカバーの中に、かくれんぼしているらしいです。さぞかしいろんなところに隠れていることでしょう(遠い目)

 

 

1位 水筒

金曜日に忘れることもしばしば。

最長記録は、木曜日から月曜日までの4日間。水筒さん、長期で学校に宿泊してしまったせいか、激しく発酵していました(遠い目)。

 

 

学年とともにかわる、忘れ物への対応

2、3年生の頃までは、気合いが入っていて、一緒に忘れ物を取りに行ったりしましたが、さすがに4年生になったら、自分で考え、自分で対応させました。4年生にもなると、精神的に恥ずかしいと思う時期に入ってきていて、忘れ物への対応が、変わってゆきました。

 

<2、3年生の対応>

・ときどき、母がママ友達にラインで尋ねた

・母と一緒に学校に取りに行った

・本人が、友達に電話をして尋ねた

 

<4年生の対応>

・本人が、友達に電話をして尋ねた

・友達に尋ねるのが恥ずかしいときは、学校に一人で取りに行った

・取りに行かなくなった(その後で困るのは、本人の責任)

 

忘れ物を取りにいかせたり、一緒に行ったり・・・効果あったのか疑問

2、3年生の頃は、母がいろいろ介入していましたが、本当に効果があったのか、今でも疑問です。

だって、頭からすっかり抜けているから、忘れるのであって、すっかり抜けるのは本人にはどうしようもない性質、仕方のないことなのですから。

 

もし、次男(2歳)が「忘れ物大臣」だったら、放っておくと思います。

 

良かったことといえば、きょうだいが多い中、母子2人きりの時間が持てたこと。

行き帰り、暗闇の中を2人きりで歩く中で、長男の話をいろいろ聞きました。帰宅したときは、心が安定していたのを思い出します。

 

職員室でも話題になっていたことでしょう。それはそれで、おもしろいものです・・・(笑)

 

 

f:id:misnowsnow:20170706111226j:plain

いただいたエプロン、いきなりカビにしてしまいました

母、こっそり宿題をする(左手)

苦戦した「漢字の宿題」

(3年生の頃のお話です。)

 

漢字の宿題は、本当に苦戦しました。

当時の先生が、「間違えたら、1P漢字を書いてくる」という、”何度も書いて覚えさせる”という方式だったのです。

 

もちろん、先生の方式を否定するつもりはありません。

私自身も、書いて覚える派です。普通の子は、書けば書くほど覚えらえるものだと思います。

 

でも・・・。

彼は、書いて覚えられなーい!

むしろ、苦痛。逆効果・・・。

 

当時は、こうしたことが私自身もわかっていませんでした。

頭では知ってはいるのですが、本心から理解していなかったのです。

先生にきっぱりできないと降参すればよかったのですが、それができなかった。 まだ、書字をあきらめられない自分がいました。

 

 

そこで、漢字ノートを前に困っている長男を見て、母、ひらめきました。

 

そうだ、私が左手でかこう!

 

 

母がこっそり仕上げててもええんちゃう・・・?

母がこっそり仕上げることに、抵抗はありました。

 

<抵抗してしまう理由>

・宿題ができないのも、本人の責任

・過干渉

 

 

でも、こうしたことも考えました。

・サンタクロースを信じてる年齢。いつの間にか、宿題が仕上がっていても、「長男がやったんだね」と母が言えば、「あ、宿題してたんだ~」と信じてしまいそう

・逆に、本人に母がやるところも見せてもええんちゃう?「2人の秘密」ということにしておく

・朝から、宿題を提出できない後ろめたさを、ずっと引きずって学校にいるのも、どうなのか

・その代わり、別のところで、過干渉にしないでおくのとよい

 

 

というわけで、左手で宿題をしました(笑)

 

これがなかなか難しかった!

 

・・・懐かしい思い出です。

 

f:id:misnowsnow:20170706104227j:plain

※後日、担任の先生には、左手で宿題をしたこと、こっそり伝えました。