学習障害の子をもつ母の日記

4児の母です。一番上の長男(小5・書字障害)の子育て体験談です。長女・小3、次女・小1、次男・2歳。

「褒めて伸ばす」信仰に、モノ申す!

アドラー心理学に、はまってました!

1年前、遅ればせながら、ベストセラー「嫌われる勇気」「幸せになる勇気」(岸見一郎、古賀史健・著)を読みました。

 

今でも時間があるときに手にしているのですが、一番、目からうろこだったのが、

「叱ってはいけない、褒めてもいけない」

という一文でした。

 

これ、思い当たる節があったのです。

 

 

「褒めて伸ばす」は、すべてにあてはまらない

よく、いろんな方から「子どもをほめて伸ばしてやってください」と言われるのですが、褒めても、褒められることが目的になって行動していることがあるのです。

 

特に、長女(小3)と次女(小1)。

この2人は、相手を見ながら、行動することが多い。

 

私が見ているときに

褒められるようなことをし、

それ以上はしない。

 

例えば、こんな感じ。

・私がいないときに

・お部屋を片付けしたり、

・さらに弟がぐちゃぐちゃにした絵本を片付けるなんてしない。

 

んーー、、。。

例が悪かったかな、、、。

 

親から褒められるために、褒められること以上のことはしないのです。

つまり。

見てなかったら、やらない、

褒められなくなったら、そもそもやらないのです。

 

適度に褒めるがいいのかな・・・

でも、褒められると、やる気につながっているのも確か。

 

ほどほどに褒めるのがいいのかな、とあれこれ考えながら、今日も褒めたり、感謝したり、共感したり、の日々です。

 

 

f:id:misnowsnow:20170714204641j:plain

「幸せになる勇気」の方は、カバーがなくなり、次男の落書きだらけ!