学習障害の子をもつ母の日記

4児の母です。一番上の長男(小5・書字障害)の子育て体験談です。長女・小3、次女・小1、次男・2歳。

15点はさすがに凹みます・・・

4年生の漢字で、15点は、さすがに凹みます・・・

ひさびさに持ち帰ってきたテスト。

100点満点のテストなのですが、、、

 

 

15点。

f:id:misnowsnow:20170605210453j:plain

よくよく見ると、間違っているのに〇がついている箇所もあるので、正確には10点くらいです・・・。

 4年生程度の漢字で1割・・・。。うーん・・・・。。

 

LDの子が間違えやすい漢字がある・・・と思う!

このテスト、書字障害の子が漢字のどこにつまづきやすいのか、よくわかる内容だと思います。この間違い、ネットでよく見るLD児の間違え方と一緒だと思うんです。

 

例えば、これら定番の間違え漢字だと思うのですが、長男はそこはしっかり間違え、書けていません。

 

類 米の下が女になる

旗 ノ一がわからない

便 右部分のハライの交差が逆

観 左部分の線が多い

焼 右の十とサが逆

建 線が多い

帯 ワの部分と、巾の部分が書けない、混乱している

費 何か1本多い、もしくは書けない

節 良になる、もしくは書けない

辞 右が幸になる、もしくは書けない

航 ふたが、ノ一に、もしくは書けない

救 ノ一じゃなくて文に、もしくは書けない

無 1本線が多い、もしくは書けない

 

何かの参考になれば、と思います。

 

 

書字障害であることの現実

こうしたテストを持ち帰ってくるたびに、書字障害であることの現実を突きつけられます。数字として出されると、子も親もショック!

でも、いくら努力しても、覚えるのも、正確に書くのも、難しい。

 

 

何度、がっかりさせられてきたか・・・こうしたことの繰り返しです。

凹む・・・凹むなぁ・・・涙。。

 

 

とはいえ、テストを家に持ち帰ってきただけ、偉いと褒めなくては・・・なりません。3、4年生の頃は、机の引き出しにジャバラのようになっていて、私が発見するまでそのままだったこともしばしばでしたから。