学習障害の子をもつ母の日記

4児の母です。一番上の長男(小5・書字障害)の子育て体験談です。長女・小3、次女・小1、次男・2歳。

習字、上手になった?!「習字が書けない」を自分で解決してた(笑)

参観日の母、あるある。「この作品、なんだなかなぁ、、、」

長男の参観日に行くと、いつも「なんだかな~・・・」という作品ばかり。

 

「え、これしか書いてないよ!」(←自己紹介文)

「なんで書写で誤字があるねん!」(←書きかたの作品)

もうもう、突っ込みだらけ!

 

で、4年生時の参観日の出来でびっくりするものが。

これ↓

f:id:misnowsnow:20170514002145j:plain

上手やん!

何があったんだ!?

息子よ、とうとう、先生に代筆までさせてしまったのか・・・(笑)

 

オチがありました。

長男「手本を下敷きにして、字を書いたんだ~」

 

母、爆笑!

 

 

うまく書けないなら「どうすればいいか」と行動した長男がすばらしい!

習字もへたくそで、「うまく書けない」ともちろん自覚している長男。

そこで、自分なりに解決させたのが、すばらしいと思いました。

 

会社や社会なんて、才能よりも「問題解決」能力の方が大事!!

 

才能なんて上には上でいくらでもいるし、誰だって困難にぶつかることだってある。

そんなとき、一番大事なのは「困難にあたったときに、自分で乗り越える問題解決能力をつけること」なんじゃないかと。

 

 

この作品の真の価値に気づいた、授業参観なのでした。

 

もっと、創意工夫、やってくれ!