学習障害の子をもつ母の日記

4児の母です。一番上の長男(小5・書字障害)の子育て体験談です。長女・小3、次女・小1、次男・2歳。

連絡帳を開く習慣に、付箋クイズを作ってみた

連絡帳、毎日、白紙ですよ~

 

LD児、特に書字障害の子は、ノートが白紙であることが多いと思います。

普段の授業のノートが白紙でも、まぁまぁいいのですが、困るのは、「連絡帳が白紙」であること。

白紙だと明日の用意ができないし、忘れ物だらけになってしまい、ますます学校でゲンナリしてしまうんです。

 

療育の先生も、「まずは連絡帳に書くことから」とアドバイスいただき、チャレンジすることにしました。

 

ところが・・・!

書くこと以前からの問題が発生。。

 

書く場所もハチャメチャですよ~!

ノートって、最初のページから順番に書いてゆくものなのですが、そもそもそれができなかったんです。。これは性格か?!

すべてノートは途中から。しかも、どこに書いたかを忘れてます。

 

「えーと、あれ、これ3月の時間割だな、これかな?」

「いや、違う、あれ、ノートの最後にも何か書いてあるよ」

日付も書いてないですから、何が何だかよくわかりませんでした。

 

そうだ!付箋だ!!

 

書き始める場所に付箋紙を貼りました

そこで、書き始めるページに付箋紙を貼りました。

ところが・・・。

 

学校から帰るなり、

「あ、書くのを忘れちゃった!」

「書く時間がなかったんだよ」

といろいろ言い訳をし、一向に時間割を書いてきません。

忘れ物は続きます。

 

付箋を貼るだけではいけなんだ・・・!!

母、知恵を絞りました。

 

付箋紙にマンガクイズを!連絡帳を手に取って、広げるワクワク感を出しました

子ども相手だから、楽しくないといけないと思い、連絡帳を手にとって、広げる楽しさを出してみました。

ちょっとした時間に、毎日。

 

当然ながら、すぐさまクラスでも話題になってきます。

子どもというのは、こういう変なの、大好き。

「なんだこれ」

「今日のクイズ、見せてよ」

長男、嫌が上でも連絡帳に意識せざるを得ません。

作戦成功です!

 

これを、2か月ほど続けました。

 

子どもたちに好評だったものを、4つ載せます!

※挟んでいるのは、漢字ノートです。

f:id:misnowsnow:20170512124041j:plain

f:id:misnowsnow:20170512124042j:plain

 

f:id:misnowsnow:20170512124046j:plain

f:id:misnowsnow:20170512124047j:plain

f:id:misnowsnow:20170512124048j:plain

f:id:misnowsnow:20170512124050j:plain

f:id:misnowsnow:20170512124051j:plain

f:id:misnowsnow:20170512124052j:plain

 

2か月もすると、だんだん、ネタ切れになってきます。

あと、ちょっと恥ずかしくもなってくるらしい。男子ですから(当時3年生)。

 

なので、その後は、連絡帳に書いてこない日が続くなと思ったら、クイズを出したりもしました。開けると答えがわかる、というものです。

これは、絵のクイズですが、文字のみのクイズもいっぱい作りました。 

f:id:misnowsnow:20170512125140j:plain

f:id:misnowsnow:20170512125145j:plain

 文具メーカーさん、こんなオモシロ付箋を発売してくんないかなー(笑)

 

 

これで、何とか「連絡帳を開く習慣」「ノートは前から書く習慣」がついてきました。

 

次は、「連絡帳を書く習慣」です。これも大変!

それは、また、後日!